post

【アメリカ大学卒業生のその後】〜オレゴン大学卒業大島立暉くん〜

Pocket


第2回目は相生学院卒業後、オレゴン大学に進学したI-Con Player大島立暉くんです。大島君は卒業後、専攻を活かし、ロサンゼルスにある会計事務所に就職し会計士を目指すため勉強中です。以下大島くんからのコメントです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年の6月にオレゴン大学を卒業した大島立暉と申します。卒業後はアメリカのロサンゼルスにある会計系ファームに就職しました。アメリカ就職を志したきっかけは「先駆者になれ」という高校の恩師の教えがあり、誰もが経験出来ないことに挑戦したいと思ったからです。そして会計関係の仕事に就きたいと思った理由は、大学で専攻した会計学に面白さを感じた点と、グローバルスタンダードである会計の知識を身につけることで将来グローバルで活躍できると思ったからです。


就職活動中はまずオレゴン大学にある就職支援サービスを通じてアドバイザーと一からレジュメを作成したり、英語での面接練習などを行いました。次に大学の就活情報サイト(Handshake)を利用して企業の説明会や社員との座談会に積極的に参加しました。そこで良い印象を持ってもらえればリクルーターから実際に採用面接の連絡が来ます。私の場合は3〜4回の英語面接の後、採用オファーをもらえました。


今後、アメリカ就職を目指す方は大学にある就活支援サイトやアドバイザーなどのリソースをお勧めします。その理由はCFN(ボストンキャリアフォーラム)のサイトにもアメリカ採用のポジションがいくつか掲載されていますが、数は限られており、大学のリソースを利用することで、ボスキャリなどで一斉にライバルが増える前に早期採用が狙えるからです。


オレゴン大学に在学中はテニスと勉強の両立に苦労しましたが、その経験のおかげで自分の世界が広がり、アメリカに就職することができました。アメリカ就職に関してわからないことがあれば、いつでも相談に乗りますので、ご連絡ください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Lets’ go Riki!!!!