post

東京高校卒業の鳥海里帆さんが、ニューメキシコ州のUniversity of the New Mexico (UNM) にフルスカラーシップで入学決定!

Pocket

東京高校卒業の鳥海里帆さんが、ニューメキシコ州のUniversity of the New Mexico (UNM) にフルスカラーシップで入学を決めています。

今回、決めていますとご紹介したのは、実は彼女はこの秋学期から入学していたのですが、ギリギリまで授業が全てオンラインで行われるか対面で行われるかが決まらなかったため、(最終的には全てオンラインで実施となりました) 最初の秋学期はまず日本からオンラインで大学生活を始めることになりました。

このホームページ上で紹介するのが間に合わなかったため、今回1月入学する子たちを紹介するタイミングでご紹介させていただこうと思います。

里帆さんは東京高校のS1として同校を創部初のインターハイ出場に導いた原動力となり、複数の大学からオファーをもらった結果、NCAA Div.1所属のニューメキシコ大学への入学を決めました。UNMはチームGPA(チームメンバーのGPA平均)も3.9/4.0と文武両道の州立大学で、早稲田、立教やAPUなどいくつかの日本の大学との交換留学制度も充実しています。

最初の秋学期は頑張ってチームの平均以上のGPAをクリアし、晴れて1月から渡米してキャンパスでの大学生活が始まりますが、気負うことなく、いろいろなことを吸収して充実した大学生活を送ってください。

里帆さんの新天地での活躍を楽しみにしています。

おめでとう里帆! Let’s go Lobos !!

post

湘南工科大学付属高校卒業の望月滉太郎君と鳳凰高校卒業の空久保果音さん、フロリダ州のKeiser Universityに1月からの入学が決定

Pocket

昨年夏のインターハイで活躍した湘南工科大学付属高校卒業の望月滉太郎君と鳳凰高校卒業の空久保果音さんが、揃ってフロリダ州にあるKeiser Universityに1月からの入学が決まりました。

Keiser Universityはフロリダ州内に複数のキャンパスを有する学生数18,000人規模の4年制私立総合大学で、West Palm BeachにあるFlagship Campusでこれからの大学生活をスタートします。テニスは所属するNAIAで男女ともに全米トップ10に入る強豪校で、男子は昨年度全米7位、女子はNAIA全米選手権で準優勝の強豪です。

高校時代、それぞれの高校でシングルス1、2で活躍した2人ですので、大学に入ってもチームの主力選手として頑張ってくれると思いますが、まずはアメリカでの大学生活に慣れるのが第一歩! 分からないことは遠慮なくチームメイトやコーチに相談して、一日も早くチームに溶け込み、実力をいかんなく発揮して頑張ってください。

フロリダの燦燦とした太陽の下、新天地での大学生活がキラキラと輝かしいものになることを期待しています。

おめでとう、滉太郎、果音! Let’s go Keiser Seahawks !!

post

西宮甲英高校卒業の西嶋大賀君、イリノイ州にあるOlivet Nazarene University(ONU)に1月からの入学が決定!

Pocket

西宮甲英高校卒業の西嶋大賀君が、イリノイ州にあるOlivet Nazarene University(ONU)に1月からの入学が決まりました。

ONUはキリスト教教育を基盤にした私立のリベラルアーツ大学で、大都市シカゴから車で1時間ぐらいの緑豊かなキャンパスに、赤レンガ造りの歴史的建物や近代的建物が点在する素晴らしい環境。約3千人の学生が勉強しています。

大賀君は中学生の時に長期でスペインのサンチェス・カサルアカデミーに留学したことがあり、そこで海外での生活に興味を持ったと言います。

西宮甲英高校を選んだのも海外に行くことを視野に入れての選択で、インターハイとかには正直あまり興味がなかったそうです。高校に入ってからも短期でスペインのアカデミーに行き、現地での大会で何度か優勝していましたが、スペインの大会で出会った強い子たちがアメリカの大学に進学したという話を聞いたり、アカデミーのコーチも昔アメリカの大学に行っていて、すごくいいところだと教えてもらったことなども、より一層行きたいという気持ちを後押ししたと言います。

大賀君ならすぐに新しい環境に慣れて活躍してくれると思いますが、テニスや勉強以外のことにも積極的に参加して、実りある大学生活を送ってください。

おめでとう大賀! Let’s go Taiga !!  Go Tigers !!!

post

鹿島学園高校卒業の久保静也君、テネシー州のMartin Methodist College(MMC) に1月からの入学決定!

Pocket

鹿島学園高校卒業の久保静也君が、テネシー州にあるMartin Methodist College(MMC) に1月からの入学が決まりました。

久保君は力強いテニスなのですが高校時代の戦績でアピールするのが少し難しかったため、プロモーション用に撮影したビデオでどこまでコーチの目を惹けるかがひとつの勝負でした。

今年はコロナの影響で実際に大学を訪問してコーチに見てもらったり、コーチが日本に有望選手を観に来るShowcaseなども開催できずでしたが、ここはI-Consportsの持つ幅広い大学との人脈や経験の見せどころ! スペインやアメリカのスタッフと連携して、本人にとってベストの選択になるよう粘り強く交渉を続けました。

幸い、複数の大学のコーチから一度話してみたいというオファーをもらうことができ、その中でテネシー州にあるMMCのコーチが熱心に誘ってくれたこともあり、お世話になることに決めました。MMCは1870年創立、生徒数1,000人弱の私立リベラルアーツ大学ですが、来年の夏以降はテネシー州立大学群の一校になることが決まっています。テニスは、NAIAというNCAAとは別の4年制大学の全米組織に所属しています。

1月から新天地で頑張ることになりますが、貪欲にいろいろなことを身につけて一回り大きな男になって帰ってきてください。

おめでとう、静也! Let’s go Redhawks !!

post

柳川高校卒業の吉村萌佳さん、アーカンソー州にあるSouthern Arkansas University(SAU)に入学決定!

Pocket

柳川高校卒業の吉村萌佳さんが、アーカンソー州にあるSouthern Arkansas University(SAU)に1月からの入学が決まりました。

SAUは州立の4年制総合大学で、1500エーカーの広大なキャンパスに約4千人の学生が学んでいます。スポーツも盛んですが、海外からの留学生のために英語の基礎コース(ESL Program)も充実していますので、英語がネイティブでない我々日本人にとっては非常に有難いプログラムだと思います。

(ESLはこちらを参照)

 https://web.saumag.edu/esl/

テニスはNCAAのDiv.2に所属し、2019年度は所属するカンファレンスで優勝してNCAA Div.2の全米選手権に出場!全米ランキングは最終的に27位まで飛躍しました。

一昨年に強豪校から移ってきたヘッドコーチがチーム強化を行っており、柳川高校で活躍した吉村さんのテニスを気に入ってくれて、晴れて1月から入学となりました。

年明けから新天地での新しい生活が始まりますが、色んなことにチャレンジして充実した大学生活を送ってください。

おめでとう、ほのか! Let’s go Muleriders !!  

post

Team YONEZAWA所属、西宮甲英高校卒業の平野太陽君カンサス州にある2年制大学Cowley Collegeへ入学決定

Pocket

Team YONEZAWA所属、西宮甲英高校卒業の平野太陽君が、カンサス州にある2年制大学Cowley Collegeへの入学を決めました。

Cowley Collegeはジュニアカレッジの全米ランキングでトップ3に入る強豪校で、来シーズンはアルゼンチンのジュニアチャンピオンもチームに加わり、コーチは全米優勝を狙うと意気盛んです。

www.cowleytigers.com/sports/mten/index

太陽君にかかる期待も非常に大きいですが、ここで2年間しっかり勉強とテニスを頑張って、3年生になるタイミングで好条件での編入を狙っていくというのが太陽君の作戦です。

最初から思いっきり暴れてやってください!

おめでとう太陽! Go Taiyo !  Go Cowley Tigers !!

post

2020年 第4回 米国大学へのアスリート留学説明会開催!

Pocket

コロナによって中止/延期されていた国内の大会も徐々に再開され、アメリカ留学に関して皆様からたくさんの問合せをいただいていることから、ソーシャルディスタンスには細心の注意を払って、冬休み期間中の12月20日(日)に留学説明会を開催します。

今年入学した子たちがアメリカでどういう生活を送っているか、来年に向けてどういう影響が出そうか、実際に大学のコーチ達はどのようにリクルーティング活動を行っているかなど、豊富な情報から皆さんの疑問にお答えします。留学でかかる費用や奨学金のことなども、初めての方でも分かりやすいように説明します。

今回はNCAA Div.1所属のピッツバーグ大学女子テニス部を卒業した岡本菜摘さんを特別ゲストにお迎えして、ご自身が体験されたStudent-Athleteとしての大学生活や、卒業後に入学したコロンビア大学大学院での様子などもお話ししていただこうと思います。

コロナ感染拡大には細心の注意を払って実施しますので、参加者の方々には受付でアルコール消毒とマスクの着用をお願いします。

座席数も絞って行いますので、お申込みは下記URLから事前にお願いします。第1部、第2部のみの参加も歓迎です!

◆日時 2020年12月20日(日) 

【第1部】16:00〜18:00 米国大学へのアスリート留学説明会(I-Consports)

【第2部】18:30〜20:00 「アメリカでの大学生活と新たなチャレンジ」(岡本菜摘さん)

◆会場 渋谷区文化総合センター大和田 2階 学習室1

 東京都渋谷区桜丘町23-21  (JR渋谷駅 西口から徒歩5分)  https://www.shibu-cul.jp/access

◆参加費 一人 500円(当日払い)

◆お申込み  https://ws.formzu.net/fgen/S41250768/

ご質問は info@i-consports.jp (西谷)までお願いします

post

2020年 第3回 米国大学へのアスリート留学説明会開催! 

Pocket

コロナの影響で外部での説明会をしばらく自粛していましたが、ソーシャル・ディスタンスに細心の注意を払って、今年度第3回目の留学説明会を8月30日(日)に開催することにいたしました。

今回はCream tea for Twoの木戸順子先生をお招きして、十分な勉強時間が取れない高校生アスリートたちの現状を踏まえ、英語学習の面白さや、TOEFLの専門的な勉強を始める前にどういう準備から始めるべきなのか、これまで何人もの高校生テニスプレイヤーを指導してこられた経験をもとにお話をしていただこうと思います。

第2部の留学説明会では、コロナの影響で実際に今アメリカの大学はどうなっているか、留学でかかる費用や奨学金、現地での生活のことなど、初めての方でも分かりやすいように丁寧に説明します。

第1部のみ、第2部のみの参加も歓迎です。

今回は会場の席数に限りがありますので、お申し込みは下記URLから事前にお願いいたします

 ◆日時 2020年8月30日(日) 

【第1部】16:00〜17:15 テニスプレイヤーのための英語学習(木戸順子先生)

【第2部】17:30〜20:00 米国大学へのアスリート留学説明会(I-Consports)

 ◆会場 渋谷区文化総合センター大和田 2階 学習室1

東京都渋谷区桜丘町23-21  (JR渋谷駅 西口から徒歩5分)  https://www.shibu-cul.jp/access

 ◆参加費 一人 500円(当日払い)

 ◆お申込み 第1部 https://ws.formzu.net/dist/S76053521/  

       第2部 https://ws.formzu.net/fgen/S41250768/

ご質問は info@i-consports.jp (西谷)までお願いします

post

柳川高校卒業の七尾岳俊君、ノースカロライナ州のMontreat Collegeに入学決定!

Pocket

福岡県の柳川高校卒業の七尾岳俊君が、ノースカロライナ州にあるMontreat Collegeに入学が決まりました。

Montreat Collegeは学生数800人弱の私立リベラルアーツ大学で、教授1人当たりの学生数Student-Faculty Ratio(11:1)や20人以下の少人数クラスの割合(78%)が示す通り、非常にきめ細やかなリベラルアーツ教育が特徴。スポーツはNAIAに所属しています。

七尾君は強豪柳川高校テニス部のレギュラーメンバーとして活躍しましたが、彼もまた高3の夏までどっぷりと部活中心の生活でしたので海外の大会に出る機会はなく、卒業後は海外の大学への進学希望を持ってはいたものの、それはStudent-Athleteとしての留学ではなく一般の留学としてオーストラリアやカナダなども含めて可能性を考えていました。

本人からは高3の夏休みに相談がありましたが、柳川高校からはこれまで何人かの先輩がアメリカの大学へ留学していることもあり、先輩たちの話なども参考にしながら最終的にアメリカの大学へのStudent-Athleteとしてのチャレンジを決心しました。

とは言え、本格的にTOEFLの勉強に取り組んだのは高3の秋以降なので、やはり最初は英語のスコアを伸ばすのに苦労しました。

日本の高校三年生がTOEFLの試験を受けるとだいたい37〜38点ぐらいが平均と言われていますが、そこから大学が求める71点まで伸ばすのに7〜8ヶ月ぐらいはかかります。七尾君の場合もスコアが上がってくるのに時間がかかりましたが徐々に実力を蓄えていき、最後はコロナ禍で受けられなくなったTOEFLの代わりにDuolingoという別の英語テストでスコア100点をマークし、晴れてMontreat Collegeから合格を勝ち取ることができました!(Duoling Testの100点はTOEFLでは64~74点ぐらいに相当します)

NAIA所属で上位トップ10に入る大学を含めいくつかあったオファーの中で、「高校時代は名門校でみんなから追いかけられる立場だったが、大学では逆の立場で強い学校に追いつき追い越していく成長途上のチームで頑張ってみたい」と言い、新しく就任した若い情熱的なコーチが積極的にリクルーティング活動を展開していて、これからチームを強くしていくMontreat Collegeを選んだところに七尾君の心意気を感じました。

新しいチームゆえの試行錯誤もあると思いますが、芯の強さと内に秘めた闘志でチームの中心メンバーとして頑張ってくれると信じています。おめでとう!

Let’s go Taketoshi ! Let’s go Montreat College Cavaliers !!