post

東京高校卒業の鳥海里帆さんが、ニューメキシコ州のUniversity of the New Mexico (UNM) にフルスカラーシップで入学決定!

Pocket

東京高校卒業の鳥海里帆さんが、ニューメキシコ州のUniversity of the New Mexico (UNM) にフルスカラーシップで入学を決めています。

今回、決めていますとご紹介したのは、実は彼女はこの秋学期から入学していたのですが、ギリギリまで授業が全てオンラインで行われるか対面で行われるかが決まらなかったため、(最終的には全てオンラインで実施となりました) 最初の秋学期はまず日本からオンラインで大学生活を始めることになりました。

このホームページ上で紹介するのが間に合わなかったため、今回1月入学する子たちを紹介するタイミングでご紹介させていただこうと思います。

里帆さんは東京高校のS1として同校を創部初のインターハイ出場に導いた原動力となり、複数の大学からオファーをもらった結果、NCAA Div.1所属のニューメキシコ大学への入学を決めました。UNMはチームGPA(チームメンバーのGPA平均)も3.9/4.0と文武両道の州立大学で、早稲田、立教やAPUなどいくつかの日本の大学との交換留学制度も充実しています。

最初の秋学期は頑張ってチームの平均以上のGPAをクリアし、晴れて1月から渡米してキャンパスでの大学生活が始まりますが、気負うことなく、いろいろなことを吸収して充実した大学生活を送ってください。

里帆さんの新天地での活躍を楽しみにしています。

おめでとう里帆! Let’s go Lobos !!

post

鹿島学園高校卒業の久保静也君、テネシー州のMartin Methodist College(MMC) に1月からの入学決定!

Pocket

鹿島学園高校卒業の久保静也君が、テネシー州にあるMartin Methodist College(MMC) に1月からの入学が決まりました。

久保君は力強いテニスなのですが高校時代の戦績でアピールするのが少し難しかったため、プロモーション用に撮影したビデオでどこまでコーチの目を惹けるかがひとつの勝負でした。

今年はコロナの影響で実際に大学を訪問してコーチに見てもらったり、コーチが日本に有望選手を観に来るShowcaseなども開催できずでしたが、ここはI-Consportsの持つ幅広い大学との人脈や経験の見せどころ! スペインやアメリカのスタッフと連携して、本人にとってベストの選択になるよう粘り強く交渉を続けました。

幸い、複数の大学のコーチから一度話してみたいというオファーをもらうことができ、その中でテネシー州にあるMMCのコーチが熱心に誘ってくれたこともあり、お世話になることに決めました。MMCは1870年創立、生徒数1,000人弱の私立リベラルアーツ大学ですが、来年の夏以降はテネシー州立大学群の一校になることが決まっています。テニスは、NAIAというNCAAとは別の4年制大学の全米組織に所属しています。

1月から新天地で頑張ることになりますが、貪欲にいろいろなことを身につけて一回り大きな男になって帰ってきてください。

おめでとう、静也! Let’s go Redhawks !!

post

柳川高校卒業の吉村萌佳さん、アーカンソー州にあるSouthern Arkansas University(SAU)に入学決定!

Pocket

柳川高校卒業の吉村萌佳さんが、アーカンソー州にあるSouthern Arkansas University(SAU)に1月からの入学が決まりました。

SAUは州立の4年制総合大学で、1500エーカーの広大なキャンパスに約4千人の学生が学んでいます。スポーツも盛んですが、海外からの留学生のために英語の基礎コース(ESL Program)も充実していますので、英語がネイティブでない我々日本人にとっては非常に有難いプログラムだと思います。

(ESLはこちらを参照)

 https://web.saumag.edu/esl/

テニスはNCAAのDiv.2に所属し、2019年度は所属するカンファレンスで優勝してNCAA Div.2の全米選手権に出場!全米ランキングは最終的に27位まで飛躍しました。

一昨年に強豪校から移ってきたヘッドコーチがチーム強化を行っており、柳川高校で活躍した吉村さんのテニスを気に入ってくれて、晴れて1月から入学となりました。

年明けから新天地での新しい生活が始まりますが、色んなことにチャレンジして充実した大学生活を送ってください。

おめでとう、ほのか! Let’s go Muleriders !!  

post

履正社高校卒業の山矢太陽君、University of the Ozarksに入学決定!!!

Pocket

大阪府の履正社高校卒業の山矢太陽君が、アーカンソー州にあるUniversity of the Ozarksに入学が決まりました。

オザークス大学は1834年(江戸時代!)に設立された歴史あるリベラルアーツ大学で、学生数1,000人以下の少人数教育が特徴。オザーク山脈の麓に広がるキャンパスは自然に恵まれていて、アカデミックランキングもリベラルアーツ大学でSouth(南部地区)の第7位にランクされています。

テニスはNCAAのDiv.3に所属。屋外にはビデオストリーミングカメラ付きの8面の新しく綺麗なコートを持ち、Div.3校の中でも有数の施設です。Div.3はスポーツ奨学金は出していませんが、アカデミック奨学金が充実している大学が多く、高校時代の評定平均が高い子はDiv.3という選択肢もあります。山矢君は高校時代は怪我もあって十分な戦績を残すことが出来ませんでしたが、2年前にアメリカの大学へ進学した先輩の話を聞き、自分もアメリカでチャレンジしてみたいという思いを実現させました。

Admissions officeからは高校の学業成績やTOEFL/SATスコア以外にPersonal Essay(志望理由についての小論文)やLetter of Recommendation(推薦状)など様々な書類の提出を求められ、エッセイは何度も書き直しが必要でしたが💦、無事合格まで辿り着くことができました!

彼はSATの英語は500点近い高得点を持っていて、これもひとつのアピールになったと思いますが、何より本人の非常にポジティブな姿勢がコーチに気に入られたところが大きかったと思います。何回かコーチとの電話面談やメールのやり取りがありましたが、英語の上手い下手ではなく本人の情熱がどれくらい相手に伝わるか、そこが一番のポイントでした。昨年12月に行われたShowcaseでもいろいろな大学のコーチに自分から話しかけていった姿をよく覚えています。

おめでとう太陽!

新しい環境でも持ち前のガッツと明るさで、新しい自分を摑んでください。

Let’s go Hikaru !  Let’s go Ozarks Eagles !!

post

愛媛県の新田高校卒業の濱永花季選手、University of Central Arkansasに正式入学決定!

Pocket

愛媛県の新田高校卒業の濱永花季さんが、NCAAのDivisin1所属アーカンソー州のUniversity of Central Arkansasとフルスカラーシップで正式サインをしました。

セントラルアーカンソー大学女子テニス部は、昨シーズン所属するカンファレンス(リーグ)で優勝してNCAA全米選手権に駒を進めた強豪校。

これまで新田高校のキャプテンとして日本国内で頑張ってきた花季さんですが、今後は舞台をアメリカの場に移して更に一層の活躍を期待しています。

おめでとう、花季! Let’s go Bears !!

post

CSJつくばテニスガーデン武部せな選手 Temple Universityに入学決定!

Pocket

CSJつくばテニスガーデン所属の武部せなさんが、ペンシルバニア州フィラデルフィアにあるTemple Universityとフルスカラーシップで正式サインをしました。

テンプル大学は1884年創立の伝統ある州立総合大学で、アカデミックランキングも全米でトップ100に数えられる名門校。特に、法律、教育、メディア、ビジネス、医療そして芸術において評価が高いです。スポーツも盛んな文武両道の総合大学として有名で、特にアメリカンフットボールは68,000人収容のLincoln Financial Fieldを本拠地とし、ビッグゲームの際にはスタジアムがスクールカラーのエンジ色で染まるほどの壮観です。

入学のハードルの高い大学で、TOEFL80点以上が最低条件でしたが、きちんとクリアし名門校に合格決定しました。

高校を卒業し今秋からは新天地で全く新しい生活が始まりますが、更に一層の活躍を期待しています!

おめでとう、せな! Let’s go Owls !!

post

元 荏原湘南スポーツセンター所属の毛塚智瑛さん、NCAA Div.1所属Iowa State Universityに入学決定

Pocket



元 荏原湘南スポーツセンター所属で日の出高等学校出身の毛塚智瑛選手が、NCAA Div.1所属のIowa State Universityに入学が決定しました。

Iowa State Universityは、テキサス大学、ベイラー大学やオクラホマ州立大学などの強豪が所属するPower 5の一つであるBig12カンファレンスに所属する大学で、アカデミックにも全米で119位(U.S. Newes)という文武両道のバランスの取れた早稲田大学とも提携がある大学です。1900エーカー(東京ドーム170個分)を超えるその広大な敷地には160以上の建物が立ち並び、セントラルキャンパスは「全米で最も美しい25のキャンパス」の1つに選ばれています。

毛塚選手には重要なポジションが用意されていると思いますが、持ち前のセンスで大活躍してください。

おめでとう!

Let’s go Chie!   Let’s go Cyclones!!!

post

川越東高校卒業の手塚瀬留くん、NCAA Div.1のKennesaw State University(KSU)に進学決定

Pocket



埼玉県の川越東高校卒業の手塚瀬留くんが、NCAA Div.1所属のKennesaw State University(KSU)に進学が決まりました。

KSUはジョージア州アトランタ近郊にある学生数3万人の大規模大学ですが、本人が「大学でこの勉強をしたい」という明確な目標を持っていて、日本の大学ではなかなか専攻できない分野だったこともあり、テニスのレベルと合わせて本人の希望を叶えられる大学ということで探しました。

テニスは今シーズン強豪ケンタッキー大学から移ってきたヘッドコーチが急速にチームの強化を図っており、わざわざ日本まで瀬留君のプレイを見に来て奨学金のオファーを出すぐらいでしたが、コーチともじっくりと話をすることが出来、良かったと思います。

最後のNCAA手続きのところで時間がかかってしまいギリギリになりましたが、無事合格通知とI-20をもらうことが出来、今月中旬に渡米予定です。

今後はこれまで以上に文武両道が求められる世界ですが、自分の夢に向かって全力で勉強とテニスに取り組んでくれればと思います。

おめでとう! Let’s go Seru !!  Let’s go Owls !!

post

丸山隼弥君、University of Nebraska-Lincolnと正式サイン

Pocket



昨夏のインターハイで活躍した相生学院高校のキャプテン丸山隼弥君が、ネブラスカ州のUniversity of Nebraska-Lincolnと正式サインをしました。

ネブラスカ大学はNCAA Div.1の中でも最も強豪ひしめくPower 5カンファレンスのひとつ「Big Ten Conference」に所属し、スポーツも盛んな文武両道の総合大学として有名です。これから全く新しい生活が始まりますが、新天地でも更に一層の活躍を期待しています。

 

おめでとう、隼弥! Let’s go Huskers !!