post

Pocket

東京都の富士見丘高校卒業の三谷早希さんと大阪府立泉北高校卒業の示野花さんが、揃ってケンタッキー州の私立4年制大学University of the Cumberlandsに進学が決まりました。

CumberlandsはNAIA (National Association of Intercollegiate Athletics) に所属する大学で、昨シーズンのテニスランキングは全米16位。NAIAのNational Championshipにも出場した強豪校です。

三谷さん、示野さんの2人とも高校の部活と国内の大会を中心に頑張ってきましたが、テニスやアカデミックのレベルが自分に合うところということで大学を探し、NAIAの強豪校への好条件での入学となりました。

これから4年間、大学生活を楽しみながらテニスも勉強もしっかり頑張ってくれればと思います。

おめでとう! Let’s go Satsuki & Hana !!  Let’s go Patriots !!!

post

駒田真澄くんが、Reinhardt Universityへの進学が決定

Pocket

名古屋市立名東高校卒業でTEAM KOMADA所属の駒田真澄くんが、NAIA所属のReinhardt Universityへの進学が決まりました。

Reinhardt Universityは昨シーズンNAIAで全米第5位、全米選手権のQuarterfinalまで進出した強豪校です。

高校時代から文武両道で優秀な成績だった駒田君ですが、SATも1,200点と今年の最高点で、大学からアカデミック奨学金とアスリート奨学金を合わせて好条件のオファーをもらうことができました。

これからも文武両道を貫き、充実した大学生活を送ってください。

Let’s go Masumi !!  Let’s go Eagles !!!

 

post

土浦日大高校卒業の有田京生くんが、NAIA所属のMissouri Valley Collegeに留学が決定

Pocket

土浦日大高校卒業の有田京生くんが、NAIA所属のMissouri Valley Collegeに留学が決定いたしました。

有田くんは昨夏の甲子園出場経験を持つ高校球児で、大学では野球も続けながら色々な勉強をして視野を広めたいという希望で、アメリカの大学への進学を選びました。

今後も文武両道の厳しい世界が待っていますが、新しい環境で色々なことに目を広げて頑張って欲しいと思います。

 

Let’s go Kyo !!!  Let’s go Vikings !!!

 

(I-Consportsではテニスや野球以外にも、サッカー、バスケットボール、女子ソフトボール、水泳、ラクロス、フィールドホッケーなどのスポーツでの留学を取り扱っています)

 

post

長尾朋美さん、University of the Cumberlandsに正式サイン

Pocket

恵那農業高校卒業の長尾朋美さんが、NAIA所属のUniversity of the Cumberlandsと正式にサインをしました。

University of the Cumberlandsはケンタッキー州にある私立の少人数制リベラルアーツの大学で、女子テニスチームは全米118校中14位とトップレベルです。

入学者の平均GPAは4段階中3.4ととても優秀で、全米平均と比べても国際的な大学です。

また新たな一歩が始まりますが、しっかりと頑張ってください!

Let’s go Tomomi!  Let’s go Patriots!!

post

松岡雄介くんからのコメント

Pocket

昨年からケンタッキー州のUniversity of the Cumberlandsに入学した松岡雄介くんからのコメントです。彼は4年生の大学でNCAAとは違うNAIAという組織に所属する学校を選択しました。今回NAIAの内情をレポートしてくれましたので、是非ご覧ください。

—–

私は昨年の9月からケンタッキー州にあるUniversity of the Cumberlandsに在学しています。

私がアメリカの大学を選んだ理由はジュニア時代なかなか結果を残せず自信を失い苦しんでいましたが、テニスを諦めることが出来ませんでした。そんなときアメリカの大学の話を聞いて興味をもちました。そして自分のテニスのレベルアップとこの先テニスでやっていくチャンスを繋げるためにアメリカの大学に留学することを決断しました。

在学中のチームメートはスペイン、マレーシア、ブラジル、コロンビア、オーストラリア、アメリカなどから来ている選手がいます。チームメートはみんなフレンドリーなのですぐに溶け込むことができました。コーチは中国人なので、気に入られて凄くよくしてもらいました。日本人は一生懸命練習をするのですごく気に入られやすいと思います。

私の学校はNAIAなのでDiv.2のルールで試合が行われます。NAIAはNCAAと違ってレベルが低いと思われがちですが、そんなことはないと思います。チームのNo.1はマレーシアのデビスカップ代表選手ですし、なかにはウィンブルドンジュニアのダブルス優勝の選手がいる学校と試合をすることもありました。そのような選手と試合ができることはすごく良い経験だと思うし、日本では経験出来ないことだと思います。試合はプロのトーナメントのような雰囲気のなかで、チームの勝ち負けのために試合をするのでプレッシャーはありますが物凄く盛り上がって、ジュニア時代のときより試合をするのが好きになりました。試合のなかでもアメリカの大学の良さを感じることが出来ました。

1日のスケジュールは午前中授業で午後練習やトレーニング、そして夜は宿題と1日中ハ―ドに過ごしていますが、たまにパーティーに参加したり、他のスポーツチームの応援に行ったりと楽しく生活しています。

私はアメリカの大学に行って改めて日本で応援、サポートしてくれる人達の有難さを感じることが出来ました。もしアメリカの大学に興味を持っていて挑戦したい人、そしてテニスと今の自分を変えたいと思っている人はi-consportsの支援を受けてアメリカの大学の留学をチャレンジしてみてください。